そよ風のふく陽だまりで

2016年01月

数日前、自分のブログに書いた言葉、
心の持ちようを変えてみる

母親の事を考える時
今の自分に欠けている事だと思います。
私の心の持ちようを変える必要をとても感じながらできていないのです。

母との電話のやり取りの事はすでに書いていますが
ここのところ連日、昼夜と母からの電話は続いています。

今までと同じではいけないのではないかと気づかなければいけない。
何か、違う。

私が忙しい時間に電話がかかって来て
そう伝えて、後でねと伝えても母の話は止まらない。
遅い時間に仕事から戻り、急いで食事を作ってる時間帯に電話がかかってきて
20時半すぎ、そんな事情で家族がまだご飯を食べていない事を伝える。
お腹すいてるでしょ。早くご飯食べなさいと言ってくれるけど、電話の話は止まらない。

いろんな出来事を話す時
初めて話す様に、1から話が始まるから
以前聞いたなと思う、時には昨日聞いたと思う事もある。
だから、どうしても電話は長くなる。

できるだけ、穏やかに話そうと意識する。
できるだけ、ゆっくり話を聞こうと意識する。
意識しなければ、せっかちになりイライラしてしまう自分がいるから。

昨日の話題も、先日の振込用紙一連の話でした。
同じような説明を再び繰り返す。
疲れる。イライラする。

まだまだ私は自分目線だと感じる。
母の辛さを、母の気持ちを、母の立場を、分かろうとしていない。
イライラなんてしてる場合じゃないのではないか、と自分に問いかける。
母の変わってきた様子をきちんと受け入れて考えなくてはいけない。

そう感じたからなのか
初めて 「介護」というカテゴリーのブログを検索して読んでみた。
どんな思いで親と関わっているのか
どんな工夫をされているのか
「介護」という事を今、身近に感じて行き詰っているのだと思う。
色んな病気の介護があるけど圧倒的に書いてる方は認知症の話題が多い。
私の親は特定疾患の病を抱えているけど
今のところは、認知症との診断は受けてはいない。
でも、痛みやしびれで身体が自由に動かず
ディサービスも休みがちなほど家にこもっていては
足腰も...心も弱くなってくると思う。

それでも、自分がするしかないと 
(父の多忙な職業柄、ずっと家の事は自分でしてきた人なので)
タクシーに乗って買い物に行く母の姿を想像する。
昨秋頃から病気の症状から、母はまっすぐな姿勢を保てなくなった。
スーパーのカートを手押し車のように支えにして
ゆっくり歩く。
北海道の冬道は滑って危険なので、もちろん外は歩かない様に伝えている。
スーパーへの買い物は兼リハビリでもあるので母も頑張っているのです。

つい先日は、用事のついでに銀行で通帳記帳しようとしたら
『 取引がありません 』
と表示が出て、取引がないと慌てふためいたようだが
普通なら記帳が無いという事をすぐに理解できるけど
ATM操作も忘れがちになる母(高齢者)は、驚いたようです。
記帳する取引がありませんとたった一言添えてほしいものだとも思いました

銀行での簡単な手続きも大変になってきたという事ですが
それでも、母はヨタヨタしながらもタクシーに乗って頑張って自分でしているのだと
身体を斜めにして歩く母の姿が浮かぶ。

遠距離介護なんていうほども何もできていない。
ヘルパーさんの時間を増やして
一緒に行ってもらうとか、分からない事を聞くとかしてほしいけど
何故か、その辺りは頑固に利用を増やしてはくれない...。

母が自らの力だけで日々の生活をする事が簡単ではなくなってきている様子が
早いペースで、いくつも見えてくる。
さてさて、何からどうしていこう...とにかく行動しなくちゃ



  お立ち寄り頂き、最後まで読んでくださってありがとうございます。
  今日も良い1日でありますように
            にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
       更新の励みになります♪ どちらか押して頂けると嬉しいです





我が家は、ダンナがアルコールダメな人なので
家でビールなどを飲む事は、めったにないです。

結婚するまでは、
焼肉とか、すき焼きとかには、ビールはセットと思っていたくらいの私でしたけど
今は、すっかり「お茶」に慣れました 

あまり考えた事なかったけど
他のご家庭は、いかがなものなのかしら 
子供が生まれて家族で食事をするようになったら
「お母さん」は、そうそう食事時にビールは飲まないものなのかしらね。

たまーに、6本パックのビールを買ってきても、しばらく冷蔵庫に入ったままです。

息子が小さい頃は
食後に私がビールを飲むと
 お母さんがビール飲む時は、僕はジュース♪
と言って、乾杯してたのも懐かしい思い出です。

そんな頃とは、まったく逆で
昨夜は、珍しく息子が23時頃には寝てしまいまして (主人は毎日その頃は寝ています)
1人でリビングにいたものですから

たまには、いっか~ と持ち出してきたわけです。
めったに飲まないビールは
わずか350mlでも、ほんわか気分になるもので
ちょっと気分も軽くなり、久しぶりに寝つきも良く熟睡したように思います。

みんなが寝静まった後、こっそりビール飲んでたなんてんね~ 



   お立ち寄り頂き、最後まで読んでくださってありがとうございます。
   今日も良い1日でありますように
          にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
          にほんブログ村にほんブログ村
       更新の励みになります♪ どちらか押して頂けると嬉しいです

慌ただしい毎日に、ゆとりを...と思ってる矢先から

帰宅が20時過ぎると予測できる仕事があったので
昨日は、朝からカレーを煮込んでおりました。
これなら、温めるだけでお腹いっぱい食べれるし
あとは、好みのシーザサラダを作っておけば野菜もOK。

開店時間に合わせてスーパーで買い物して
作り始めたら、母から電話
「今日、電話料金払わないと電話が使えなくなるから銀行に行って調べてもらう」
と慌てている。

取引の諸事情があって引き落とし口座を変えた為
その間、振込用紙になるのだけど
不備があって数か月かかってしまってるのです。

銀行に行っても意味がない事を伝えるが、なかなか理解してもらえない。
携帯電話会社に問い合わせて、状況を調べてもらうと
どうやら、振込になった期間は3ヶ月
最後の振込用紙の分が入金になってないらしい。

当然、母の手元にはすでに3通目の振込用紙はないわけで
どこかに紛れ込んでしまったのでしょうね。
再発行手続きをして、電話も止められない様にしてもらって
母にそのいきさつを説明すると
なんだかんだで、1時間...やっと安心できたようです。

こういう些細な事が大事件の様に不安になってしまう母は
どうやら、電話の相手は私だけではなかったようです。

なんとなく見えてはいたので、以前から
電話に不在着信がついてるとか、電池の交換とか
小さな事でわざわざ電話で誰かを呼び出したりしない様にと伝えていました。
家の雑用とかなら、ヘルパーさんにお願いできるので
週3回になったヘルパーさんが来た時でもと思うのですが

小さな事も母には一大事で、というより
何より、誰かに心配して来てほしいのだと思います。

「お母さんって電話魔だったんですね。」
ケアマネさんが笑いながらおっしゃいました。
そうなんです。ばれちゃいましたか。と思いましたけどね。

今日は、道東で大きな地震があったようです。
札幌はどの位の揺れだったのか外出中の私は気づかなかったのですが
夕方、母に電話をしたら地震があったのよって
「大丈夫?」って電話は、Mさん(ケアマネさん)からしか来なかった。
と言われてしまい...

さすがMさん、優しいね。
と応えたけど、少々複雑な気持ちになりました。
きっと母は、寂しいのだろうと思っています。
誰かに自分の事を気にかけてほしいのだろうと思います。
分かっているんだけどね。

でも、それは、いつもいつもは難しい事なんだよ。

もっともっと
子供(娘)として、いつも気にしてるよ。心配してるよ。って
伝えてあげないといけないのだなと思う気持ちと
理想と現実のはざまに挟まってる心境です。
ストレス発散ブログのように愚痴っている、この頃です。
書きながら気持ちの整理も出来ているように思うのですが
煮詰まらない様にしなくちゃね

  お立ち寄り頂き、最後まで読んでくださってありがとうございます。
  明日も良い1日でありますように
            にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
           にほんブログ村にほんブログ村
   更新の励みになります♪ どちらか押して頂けると嬉しいです






今更だけど、影響がなかったとは言えないと感じています。
最後の追い込みをかける受験勉強に力を入れるはずの冬休み。

私の仕事の超がつくほど忙しい時期と重なりました。
11時前に自宅を出て、帰宅は18時過ぎという日も多かったです。

ゆっくりめに起きた息子に朝食を作って
簡単な掃除と洗濯を済ませると 
すぐに出かける時間で、毎日バタバタしていました。
昼食まで作って家を出る事もあったけど
ほとんどは、冷蔵庫にあるもので済ませるようなもので
息子の食欲もそそらず
結局、昼は食べずに塾へ行くらしかった。

以前は、こういう時
コンビニのお弁当類が活躍したのだけど
何かの理由からコンビニ弁当を食べなくなったので
大変困りました。

塾も18時頃まであるので
 お腹が鳴るのが止まらなかった。
と何度も言われてたことがありました。

何か食べてよ。家にあるものでも、コンビ二でも、外食でも と思ってたけど

この台詞は
唯一、息子が私に発していた愚痴(反抗?)なのかもしれない。
お腹は空くのだから何か食べる事はできるはずが
あえて食べない、そして私に伝える...は

忙しくて色んな事をつい忘れたり、手抜きになっている母親に
仕事が忙しいからだと理解してくれて文句も言わずにいるけど
時々、不満がたまっての気持ちの表れの台詞なのではないかと感じました。

仕事が忙しくなる前や、つい2、3年前まで専業主婦をずっとしてきて
子供中心の生活で、息子に不便を感じさせた事はそうなかったと思うのです。
うっかり聞いてた事を忘れるとか、
食事の時間が遅くなるとか
家の中の事が手抜きになるとか

家族の協力は必要だけど
幼い頃からずっと続いていた居心地が、母の仕事によって急に変わったんだものね。
働く事は必要と理解しても、居心地よくないよね。
ほとんどの事は、もう自分でできる年齢ですし
私も任せてしまう所がありましたが

まだ中学生の男の子
受験も控えて、ちょっぴり不安や焦りもある時期
やっぱり母親の私が、バタバタと時間がないと慌ただしく動く姿ばかり見せるのは
よろしくないですね 

仕事の内容の見直しをお願いしてみようと考えています。
あと2ヶ月、ほんとのほんとに大事な時期です。
親子共に悔いの残らない過ごし方をしたいです。

   お立ち寄り頂き、最後まで読んでくださってありがとうございます。
   今日も良い1日でありますように
         にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
       にほんブログ村にほんブログ村
     更新の励みになります♪ どちらか押して頂けると嬉しいです

中居正広さんの金スマで、昨年の10月に紹介されていた本です。
その前から、雑誌や新聞などで紹介されているのも目にした事がありました。
170万部の大ベストセラーだそうです。
   P1110159
良い本は何度でも読み返す事ができます。

今あなたが抱えている沢山の悩みを一度整理してみてください。
変えられない現実はどうしようもないけど
悩みに対する心の持ちようを変えてみること。

たくさんのメッセージが込められていて
きっと自分に当てはまる言葉が見つかると思います。
そして今回、読み直して気づいた事は

自分でも気づいていない事にも気づけるのではないかという事です。
上手く言えませんが
その時々で、置かれている状況や悩みも違うかもしれません。
それこそ色々あって整理すらしづらい時
何気なく読んでいても
魅かれる言葉、そこで目に留まり心に響く言葉
それは、頭で考えるのではなく心(?)が感じるようなことです。

無意識に立ち止まる時 (読み止まる? 適当な表現が思いつかなくて )
あ、今の私は この言葉が気になる状態なのか...と気づけたりしました。

今回も読み返すと、以前とは違う部分に共鳴しました。
素敵な言葉がたくさん書かれていますが
ここで勝手に綴る事は出来ない事だと思いますので
こんな本もあるんだなって思って頂ければなって思います。

   お立ち寄り頂き、最後まで読んでくださってありがとうございます。
   今日も良い1日でありますように
             にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
            にほんブログ村にほんブログ村
       更新の励みになります♪ どちらか押して頂けると嬉しいです

このページのトップヘ