今更だけど、影響がなかったとは言えないと感じています。
最後の追い込みをかける受験勉強に力を入れるはずの冬休み。

私の仕事の超がつくほど忙しい時期と重なりました。
11時前に自宅を出て、帰宅は18時過ぎという日も多かったです。

ゆっくりめに起きた息子に朝食を作って
簡単な掃除と洗濯を済ませると 
すぐに出かける時間で、毎日バタバタしていました。
昼食まで作って家を出る事もあったけど
ほとんどは、冷蔵庫にあるもので済ませるようなもので
息子の食欲もそそらず
結局、昼は食べずに塾へ行くらしかった。

以前は、こういう時
コンビニのお弁当類が活躍したのだけど
何かの理由からコンビニ弁当を食べなくなったので
大変困りました。

塾も18時頃まであるので
 お腹が鳴るのが止まらなかった。
と何度も言われてたことがありました。

何か食べてよ。家にあるものでも、コンビ二でも、外食でも と思ってたけど

この台詞は
唯一、息子が私に発していた愚痴(反抗?)なのかもしれない。
お腹は空くのだから何か食べる事はできるはずが
あえて食べない、そして私に伝える...は

忙しくて色んな事をつい忘れたり、手抜きになっている母親に
仕事が忙しいからだと理解してくれて文句も言わずにいるけど
時々、不満がたまっての気持ちの表れの台詞なのではないかと感じました。

仕事が忙しくなる前や、つい2、3年前まで専業主婦をずっとしてきて
子供中心の生活で、息子に不便を感じさせた事はそうなかったと思うのです。
うっかり聞いてた事を忘れるとか、
食事の時間が遅くなるとか
家の中の事が手抜きになるとか

家族の協力は必要だけど
幼い頃からずっと続いていた居心地が、母の仕事によって急に変わったんだものね。
働く事は必要と理解しても、居心地よくないよね。
ほとんどの事は、もう自分でできる年齢ですし
私も任せてしまう所がありましたが

まだ中学生の男の子
受験も控えて、ちょっぴり不安や焦りもある時期
やっぱり母親の私が、バタバタと時間がないと慌ただしく動く姿ばかり見せるのは
よろしくないですね 

仕事の内容の見直しをお願いしてみようと考えています。
あと2ヶ月、ほんとのほんとに大事な時期です。
親子共に悔いの残らない過ごし方をしたいです。

   お立ち寄り頂き、最後まで読んでくださってありがとうございます。
   今日も良い1日でありますように
         にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
       にほんブログ村にほんブログ村
     更新の励みになります♪ どちらか押して頂けると嬉しいです