数日前、自分のブログに書いた言葉、
心の持ちようを変えてみる

母親の事を考える時
今の自分に欠けている事だと思います。
私の心の持ちようを変える必要をとても感じながらできていないのです。

母との電話のやり取りの事はすでに書いていますが
ここのところ連日、昼夜と母からの電話は続いています。

今までと同じではいけないのではないかと気づかなければいけない。
何か、違う。

私が忙しい時間に電話がかかって来て
そう伝えて、後でねと伝えても母の話は止まらない。
遅い時間に仕事から戻り、急いで食事を作ってる時間帯に電話がかかってきて
20時半すぎ、そんな事情で家族がまだご飯を食べていない事を伝える。
お腹すいてるでしょ。早くご飯食べなさいと言ってくれるけど、電話の話は止まらない。

いろんな出来事を話す時
初めて話す様に、1から話が始まるから
以前聞いたなと思う、時には昨日聞いたと思う事もある。
だから、どうしても電話は長くなる。

できるだけ、穏やかに話そうと意識する。
できるだけ、ゆっくり話を聞こうと意識する。
意識しなければ、せっかちになりイライラしてしまう自分がいるから。

昨日の話題も、先日の振込用紙一連の話でした。
同じような説明を再び繰り返す。
疲れる。イライラする。

まだまだ私は自分目線だと感じる。
母の辛さを、母の気持ちを、母の立場を、分かろうとしていない。
イライラなんてしてる場合じゃないのではないか、と自分に問いかける。
母の変わってきた様子をきちんと受け入れて考えなくてはいけない。

そう感じたからなのか
初めて 「介護」というカテゴリーのブログを検索して読んでみた。
どんな思いで親と関わっているのか
どんな工夫をされているのか
「介護」という事を今、身近に感じて行き詰っているのだと思う。
色んな病気の介護があるけど圧倒的に書いてる方は認知症の話題が多い。
私の親は特定疾患の病を抱えているけど
今のところは、認知症との診断は受けてはいない。
でも、痛みやしびれで身体が自由に動かず
ディサービスも休みがちなほど家にこもっていては
足腰も...心も弱くなってくると思う。

それでも、自分がするしかないと 
(父の多忙な職業柄、ずっと家の事は自分でしてきた人なので)
タクシーに乗って買い物に行く母の姿を想像する。
昨秋頃から病気の症状から、母はまっすぐな姿勢を保てなくなった。
スーパーのカートを手押し車のように支えにして
ゆっくり歩く。
北海道の冬道は滑って危険なので、もちろん外は歩かない様に伝えている。
スーパーへの買い物は兼リハビリでもあるので母も頑張っているのです。

つい先日は、用事のついでに銀行で通帳記帳しようとしたら
『 取引がありません 』
と表示が出て、取引がないと慌てふためいたようだが
普通なら記帳が無いという事をすぐに理解できるけど
ATM操作も忘れがちになる母(高齢者)は、驚いたようです。
記帳する取引がありませんとたった一言添えてほしいものだとも思いました

銀行での簡単な手続きも大変になってきたという事ですが
それでも、母はヨタヨタしながらもタクシーに乗って頑張って自分でしているのだと
身体を斜めにして歩く母の姿が浮かぶ。

遠距離介護なんていうほども何もできていない。
ヘルパーさんの時間を増やして
一緒に行ってもらうとか、分からない事を聞くとかしてほしいけど
何故か、その辺りは頑固に利用を増やしてはくれない...。

母が自らの力だけで日々の生活をする事が簡単ではなくなってきている様子が
早いペースで、いくつも見えてくる。
さてさて、何からどうしていこう...とにかく行動しなくちゃ



  お立ち寄り頂き、最後まで読んでくださってありがとうございます。
  今日も良い1日でありますように
            にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
       更新の励みになります♪ どちらか押して頂けると嬉しいです