そよ風のふく陽だまりで

カテゴリ: 料理

息子のお気に入りメニュー、
ピーマンの肉詰めの事です。

部活から帰ってきた頃は、
20個近く食べていたかもしれないけど、
今は10個くらいしか食べないので、
運動するとしないで食欲って、ずいぶん違いますね。

小さい頃から好きなので、もう何十回と作ったでしょうと思うのですが
いつも不出来な仕上がりに、なぜだろうと思うのです 
料理のレシピ本の写真のように綺麗に焼きあがるには
何かコツがあるのでしょうか
   P1110200
焼くとひき肉ダネは縮んで、キュって小さくなって
ピーマンから離れちゃうのです。
中には完全にはがれて、ピーマンの上に乗っかってる肉団子状態 
(レシピの写真と並べるのは酷な作品ですね
   P1110196
お肉をぎゅうぎゅうに詰めてみたり
ピーマンに小麦粉を多めに振ってから詰めてみたり
ピーマンに引っ掛けるように詰めてみたり

あーやっぱり離れてる...とがっかりしてしまうのでした
以前、回りの方に聞いてみたけど解決策はなかった
うちのピーマン肉詰めは離れないよ~って方と
どこが違うのか伝授して頂きたいものです。


   お立ち寄り頂き、最後まで読んでくださってありがとうございます。
   今日も明日も良い1日でありますように
          にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
      更新の励みになります♪ どちらか押して頂けると嬉しいです



寒くなってくる これから、やっぱり 「鍋」は、
簡単にたくさんの野菜を食べる事ができます。
我が家では鍋だと、どうしても鶏肉か豚肉か...お肉になってしまいます。

日頃から肉料理が好きな息子には、魚も食べてもらいたい。
そこで登場するのが、北海道の郷土料理 ちゃんちゃん焼き です。

北海道人なら、よく食べるのではないかと思いますが
道外の方にとっては、ジンギスカンと同じであまり馴染みのないものなのでしょうか

ちゃんちゃん焼きのタレのレシピも人それぞれで
私も分量は適当ですが、だいたいのお気に入りの分量は... ( 参考までに )
   味噌  大さじ6
   砂糖  大さじ2
   みりん 大さじ2
   お酒  大さじ4
  P1100953
ホットプレートにたっぷりのバターをとかして
生鮭を並べて焼き目がついたら裏返して野菜を入れて蒸し焼きにします。
  玉ねぎ 3個  もやし 3袋
  キャベツは小さめのものではありますがドーンと1玉
  ( この野菜の分量はあくまで我が家流です )
  P1100956
鮭に火が通ったら、乗っている野菜をよけて
先ほどのタレを半量追加で作ったものをからめて一煮立ちさせて出来上がり 

完食です 
サラダでは少量しか食べられないキャベツも軽く食べられて
食べておきながら、消化した野菜の量にびっくりします。

残った味噌だれは
めんつゆ、塩コショウ、ゴマ油を少量たして
今日の私のお昼 焼うどんにしようと思います 


     お立ち寄り頂き、最後まで読んでくださってありがとうございます。
     今日も良い1日でありますように
                         にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
                         にほんブログ村

最近、我が家でハマっているパスタ ペペロンチーノ 
どの料理でも、そうなのですけど
レシピを見ると、材料の分量は
人それぞれ、料理本それぞれみたいなところがあって
どの分量が、ベストなのかは
好みによって決まるのかもしれませんね。

そんなわけで
辛いもの大好きの我が家は、鷹の爪の量は多分...倍は入れてる 
カリカリガーリックも好きなので、これは多分...以上入ってるかも 
  P1100734
凄い量ですねー...
オリーブオイル大さじ3 にんにく半分...弱火でじっくり
鷹の爪4本の輪切りは、こげやすいので、にんにくの色がついてきた頃に入れてます
ここに、ゆで汁お玉一杯分入れて乳化させます

パスタをゆでるお湯と塩の加減もそれぞれですけど
我が家は、色々試して2リットルに大さじ2強の濃いめがベスト
  シンプルなペペロンチーノ しっかり塩味がついて仕上がりが美味しいです

パスタのゆで時間は表示より1分短くして
ガーリックオイルソースと混ぜて、塩とブラックペッパーで整えて出来上がり 
  P1100736
にんにくたっぷりの辛~いペペロンチーノ

今日はお休みで人に会う予定はありませんが
午後のお出かけは、ブレスケア飲んでモンダミンでうがいしてOK、かなぁ???    

ちなみに辛いもの大好きの私は、自分で作るカレーも辛いのですが
お気に入りのレトルト 20倍カレーです 
  P1100739  
食べたことありますか


          お立ち寄りいただき、読んでくださってありがとうございます。
                                       
                                にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
                                にほんブログ村


このページのトップヘ