そよ風のふく陽だまりで

カテゴリ: 良かった話し

正確には、折り紙1枚と半分らしいですけど 
訪問したお客様宅のおばあちゃまから頂きました。
    P1110064
小さな紙袋から取り出した折り紙のサンタさんは(くつした付きです
丁寧にパッケージの中に入っていました。
きっと紙袋の中には、いくつものサンタさんが入っているのでしょう。

誰に差し上げようかしらと思い浮かべながら
おばあちゃまは、折り紙を折っていたのだろうなぁと考えると
それもまた、幸せな時間とても素敵なおばあちゃまですね 

折り紙の作品をもらったのは、息子が幼稚園の頃以来ですから
なんだか、とっても懐かしい思いと共に
ほのぼのと温かい気分になりました 

          ********************

今日の札幌は気温もぐっと下がり、朝から雪が降っています。
ほとんど雪の解けていた路面も再び白くなってきました。
今度は根雪で、ホワイトクリスマスかな 

     お立ち寄り頂き、最後まで読んでくださってありがとうございます。
     今日も良い1日でありますように
                    にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
                    にほんブログ村にほんブログ村
                  更新の励みになります♪ どちらか押して頂けると嬉しいです

昨年、デスクトップからノートパソコンに買い替えました。
マンションの我が家の間取りでは
無線ルーター設置場所のリビングから
デスクトップを置いている一番遠い部屋まで電波は届いていたのですが

ノートパソコンにしてから届かなくなってしまい
リビングでしか使えなくなりました。
家電の人に問い合わせると
パソコンのグレードアップに旧ルーターが合わないとの事で
ルーターも性能をランクアップさせたものに買い替えたところ

変わらず繋がらないどころか
さらにwifi機器まで繋がらなくなり、リビングで使用しても時々接続が外れる事態に…
また、ルーター買い替え
ノートパソコンは受信が弱い
コンクリート壁のマンションに最適なルーターは
と考えつつ保留状態で、リビング限定での使用を続けていました 

○○○のルーターが電波が強いなどの情報を聞き
買い替えを考えて調べているうちに
ある事に気づきました 

機器知識に乏しい我が家
もしかすると、とても恥ずかしい事なのかもしれませんが
無線ルーターは、どこに設置していますか

パソコン使用の為の分配器などは、固定電話と繋がっているので
無線ルーターを含め、とにかく配線がごちゃごちゃと束になっています。
くるくるまとめて小さくしていますが、見た目がよろしくないので
あまり目立たない様に
床下に、しかも部屋の角に置いていました。
この場所が良くないのでは 

長い配線の束と悪戦苦闘してサイドボードの上に持ち上げました。
  P1110059
結果  なんとなんと、wifi接続快適になり
一番遠くの部屋でもどこでもノートパソコン使用可能となりました。
なーんだ!設置場所が悪かっただけなのですね
配線の束を隠そうと部屋の角、しかも下に置いていたのがアダとなっていました。

電波は、上に飛ぶより下や横に飛ぶらしいので
買い替えたルーターはアンテナも外に出ていない内蔵式だったので
この位置では今までより電波が弱くなってしまったという事でしょうか。
テレビ塔や電波塔が高い理由です(同じ理屈かな?)

新たにルーターを買う前に気づけて良かったです。
   
   お立ち寄り頂き、最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も良い1日でありますように
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
                      にほんブログ村にほんブログ村
                        更新の励みになります♪ どちらか押して頂けると嬉しいです  

今年の夏に行われたバスケット大会の話題を最近、知りました。
初めて画像で見た時は
奇跡のシュートにすっごい感動しました 
大きな画面で見た時は鳥肌が立つくらい、ぐっとこみ上げました。

小学生の大会だと思うとなおさらです。
テレビドラマや漫画では、よく見ますが
実際の小学生の試合で起きたブザービートです。

彼は間違いなく学校のヒーローになっているでしょうね 
  

あまりにも感動したので
ご存じない方にも見て頂きたくて
画像貼りつけに初挑戦してみました
よく分からなくて悪戦苦闘してました...大丈夫かな 
      

       お立ち寄り頂き、読んでくださってありがとうございます。
       今日も良い1日でありますように                      

                        にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 
                            にほんブログ村

日本中を驚かせた福山さんの結婚話ですね 
私、主人、息子の周りでも、その話題は持ちきりのようでした。
マシャロスと言われるくらい落ち込むファン急増とかって騒がれていましたね 

驚いたのは福山さん所属のプロダクションの株の大幅下落 
40億以上ですって 
アーティスト1人の影響でそんなに
福山さんって凄い ってあらためて思います 
でもプロダクションの方は
「株価は下がるかもしれないが会社としては応援します。
それが健全なマネジメントです。」
と言っていたそうで、なんだか気持ちの良い言葉です。
おめでたいことでもリスクは想定できて覚悟していた感じでしょうか。

と言います私も、マシャファンの1人です。
コンサートがあれば毎回参加しておりました。
一時期は、ファンクラブのBROSSにも入会しておりました 

完璧になんでもこなす福山さん
独身貴族も楽しんでおられるようにも感じていましたが
祝結婚には、おめでとうございます なのですが
誰のものにもならない存在であってほしかったファンの気持ちもとっても分かります 

同じ日に結婚した千原ジュニアさん
自分たちの事をかぶり婚と言っていましたが
前もって分かっていたら、この日に入籍の女性も増えたかな...なんて
福山さんと結婚記念日が同じ、なんていうのも... ふと思っちゃいました。
3日ずれてたら同じだったんだけどなぁ、惜しいっ 

     お立ち寄りいただき、読んでくださってありがとうございます。
                        にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
                        にほんブログ村

昨日放送された 松岡修造さんのテニス合宿のことです 
毎回、子供達の成長(変化)に感動してしまいます。

今年は、気がつけば
後半60分は、ずーっと泣かされました

テニスの上達の為の合宿ではあるけど
心のステップアップをしていく子供達です

 海外赴任で離れて暮らしていたお父さんの事が、ちょっぴり怖くて
お父さんの好きなテニスを始めた事で上手く関われるようになったから
父親に褒めてもらいたくて頑張っていた小4の女の子 
すぐに緊張してしまう自分を変えたいと参加したのが

緊張感に負けないで頑張れるようになり
お父さんの為ではなく自分の為にテニスをしたいんだと考える様になっていく

 小3の頃のいじめから不登校になった小5の男の子
自分はいなくてもいいのではないかとまで思い詰めて孤独になっていたのが
半年前にテニスを始めて少しづつ前向きになれて
心を強くしたいという思いで参加した男の子

合宿の最後の最後の頃には
本当に大きな声が出て、顔つきも変わる。
修造氏の厳しい言葉にも
投げ出さず諦めず、やり通した時
本当にきっと何かを乗り越えるのだろうと感じました。

熱すぎるとかうざいとも言われる修造氏ですが 
やっぱり凄い人だなって
真剣に向き合ってるから、子供達にもしっかり伝わるのだろうと思う。

だから子供たちに混じって行う、的当てストロークにも
大人気ないとナレーション入れられるほど
全開で喜ぶことができるのだろうなとも思います 

クマムシの あったかいんだから~ のドロップショット
8.6秒バズーカーの ちょっとまて、ちょっとまて のストローク
R・Y・U・S・E・Iのランニングマン のスマッシュ

一見ふざけてるみたいな練習方法に見えるけど
あっという間に子供達のフォームが変わってバランスが良くなり打ち込み始める。
教え方というか伝え方の上手さは素晴らしいと思えます 

何かと錦織くんを引っ張り出し
彼のストロークはちょっとまてをしてると
8.6秒バズーカの写真と並べて強引に持って行くとか
120%全開の修造氏に笑える所もいっぱいあるけどね。

親御さんもコートの傍らで見守る最終日最後のテスト
体力的に辛くなっても泣きながらでも、諦めない子供の一生懸命に
親御さんも、応援の言葉と涙が出てくる。
子供の変化と成長に思いを馳せる気持ちが伝わってきます。
自分の子供ではないけど、こちらまで涙が止まりません 

今年も感動をもらいました

爆発的に売れた「毎日 修造」 日めくりカレンダー
(100万部はすごい事なのだそうです)
読んでみたいです



       最後まで読んでくださってありがとうございます。
       この番組に同じく感動されてたらポチってお願いします
                                  にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
                                  にほんブログ村


このページのトップヘ